吟醸香漂う福井の日本酒【黒龍と梵の販売店】八重巻酒店

会員ログイン

カートの中を見る

若おやじです。皆さま、ようこそ。

両親の背中を見て育つ

小さな頃から、近所の人たちにも「八重巻屋の息子さん」と呼ばれ、自分は将来店を継いで酒屋になるんだろうなと、なんとなくですが感じていました。
小学校の卒業文集にも将来の夢はという質問に「八重巻屋の3代目」と書いてあります。
恥ずかしながら店に入った時にわかったのですが、実際は4代目だと言うことでした。
何よりも両親が楽しそうに酒屋をしていたので、店を継ぐことに対しては何の抵抗もありませんでした。




初めて美味しいと思った日本酒

大学時代、世の中は地酒ブームの真っただ中で、当店にも全国各地の地酒がずらりと並んでいました。
そんな学生時代、はじめて日本酒と出会ったのは新潟の緑川酒造の「緑」というお酒でした。
口にした時の「日本酒ってこんなに美味しいんや」と思った感動は今でも忘れられません。日本酒とは本当にいい出会いをすることができたと思っています。


「旨い」と言ってもらえる幸せ

実家が酒屋ということで、お中元やお歳暮の繁忙期には必ず手伝いに帰省していました。
帰省の度にバイト先の先輩たちから、日本酒を持って帰ってきてくれよと言われ、毎回何かしらの日本酒を手にして下宿先に戻ったものです。
先輩たちの「お前が持って帰ってくる酒はどれも旨いな!」
この一言を聞きたくて何を持って帰ろうか自分なりに一生懸命お酒を選んでいたことを覚えています。
すすめたものを美味しいと喜んでもらえる…。それが酒屋なんだ、こんないい仕事はないなと大学時代のこの経験が酒屋を継ぐという意識を強くしてくれました。


地酒に対する想いの始まり

店に入り間もなく新潟の朝日酒造が主催する「久保田塾」というところに入塾しました。酒屋の後継者育成の塾で、2ヶ月に1回、1年間、新潟に通い続け新潟の酒屋さんたちにもたくさんお会いし、地酒とは一体どういうものなのか?ということを体で感じてきました。この1年間での経験は今の自分に至るとても貴重なものでした。

晩酌が日本酒となった訳

店に入った頃、私はビールが好きで毎日の晩酌はビールばかりでした。
そんな姿みていた嫁さんがある日言いました。
「日本酒を飲んでってお客さんにすすめているのに、ビールばっかり飲んでるね」
その一言にハッと気付かされ、翌日から晩酌を日本酒に変えたのでした。
今では最後に日本酒をひとくちでも口にしないと気が済まなくなってしみました。


自分の味の好みの変化

日本酒を飲み始めた頃は、香りの高いフルーティーなお酒が好みでした。
しかし、いろいろなお酒を飲んでいくにつれだんだんと好みの味が変化していきました。
今では、香り控えめで、キレの良いすっきりとしたお酒が好みになりました。

自分の物差し

日本酒を唎くときに自分の物差しとなっているお酒があります。
それは「久保田 千寿」です。すっきりとキレイなお酒で、いくら飲んでも飲み飽きしません。
飲めば飲むほど美味しくなる不思議なお酒です。
千寿と比べて甘いとか辛いとか、香りがあるだとか、千寿の味が私の基準となっているのです。


丁寧な造りのお酒が好き

私の個人的な感覚なんですが、ひとくち飲んでみてこのお酒丁寧に造られてるな〜と感じる時があります。ワインでも焼酎でも同じです。
日本酒に限らず、酒造りというのは複雑なもので、全てにおいて丁寧に作業をされてはいるのですが、何かそんな感覚をふと感じる時があるのです。
最近ある人と話をしていると、菌には人の気持ちが反映されるということを聞きました。
そういえば、うちのお付き合いしている蔵元で働く人たちはみんな自分の会社、社長、お酒がとっても好きなんです。
そんな人たちの楽しい気持ちがお酒に表れているのかもしれません。

四代目店主 「若おやじ」こと 竹内重人

●醗酵醸造食品販賣所 八重巻について

創業明治23年
森田で酒屋を営んで創業120年以上になります。

初代  竹内 政吉
二代目 竹内 政義
三代目 竹内 勧
四代目 竹内 重人(若おやじ)

惚れ込んだ蔵元の日本酒だけを、とことん。

全国にはたくさんの蔵元があり、たくさんの美味しい日本酒があります。しかし、大変恐縮ながら、当店は自らの基準を守りながら、限られた蔵元のみとお付き合いしております。当店が大切にしているのは、味はもちろんのこと、飲み手となるお客様に対してや、酒造りに対する姿勢、これからの日本酒に対する眼差しです。お付き合いするのは、その姿勢や想いにとことん惚れ込める、信頼できる蔵元たちです。
取り扱う蔵元が少ない分、ワガママな酒屋と思われるかもしれませんが、自分の惚れ込んだ蔵元たちと一緒に、「造り手の努力」や「農家の想い」といった日本酒の奥に見える特別の風景を皆さまに伝えていきたいと考えています。

» 「若おやじの惚れた蔵」ページへ

発酵食品の神秘的な魅力を、もっと多くの方に。

私と発酵の出会いは、もちろん日本酒です。「吟醸」という言葉は、皆さんもきっとご存じでしょう。「吟味して醸す」。これが吟醸という言葉の語源です。原料の米を発酵させると、酵母の力でリンゴやバナナのような果物の香りを発し、さらに栄養分まで増えます。元の素材とは全く違ったものに変化してしまう、この発酵という魔法に私は魅了されてしまいました。
ここでは、日本酒という日本が誇る伝統的発酵食品に長年たずさわってきた老舗の酒屋ならではの観点で、おすすめの発酵食品をご紹介させていただいています。皆さまの豊かな暮らしづくりのお役に建てることを願っています。

» 食品の一覧へ

ケータイスマホからもお買い物いただけます
初めての方へお店の紹介
若おやじのブログ